「想い・重い → 生霊 → そして!?」

  • 2019年10月31日
  • blog
  • 408View
  • 0件

― 空間ヒーリング® -I like it BEST !

 

今回は、
あなたにも起こり得る
怖い情報をお届けします。


突然ですが、
皆さん〖 生霊(いきりょう) 〗はご存知ですよね?

実は、その〖 生霊 〗よりも
怖いものがあるんです!
それは……

 

生霊環境(いきりょうかんきょう)!!!

 

 

???(´・ω・)???

 

聞き慣れない言葉ですよね。


ヒマラヤハウス®では、
〖 生霊 〗よりも質の悪い
生霊環境 】があることを見つけました。

 

そもそも【 生霊環境 】って何…?

 

~インド風水 ヴァーストゥの視点より、
この事象について、
空間ヒーリング®環境から考察します~

 

生霊
生者である一個人が
妬み・嫉妬・怒りといった負の感情を
何度も想い返すことによって
‶ 想いの強さ = 念(重い念)
が力(パワー)となり、
そのが集合体となって具現化したモノ…
生者本人を模したそれが〖 生霊 〗です。


生霊環境
生霊 〗という一個人に留まらずに
の集合体が空間全体へ膨れ上がり、
よりパワーアップしたモノが
生霊環境 】です。


人は日々、様々な想いを抱えて生きています。
中でも負の感情度数が強力になる程に、
想い = 念(重い念)→  生霊  →  生霊環境
へとなっていきます。

研ぎ澄まされた感性
(超能力・霊能力)のある人は、
いわゆる お化け(幽体)ではなく
念の集合体として生霊を視られるようです。


さて、そのような 負の感情度数 を
容量の単位と大きさで表した場合、

・ ひとつの想い =
(妬み・嫉妬・怒り等)
⇒ 1KB

・ 生霊
1MB(1000KB)/ 人間の大きさ

・ 生霊環境
1GB(1000MB)/ アニメでいうガ○ダム

というようなイメージとお考えください。


例えば、
TVなどで見聞きするような
別れた恋人への‶ 想いの強さ = ″の集合体が
生霊1MB) 〗となって
相手の側に居ることで首を絞めたり、
不眠にさせたり、マイナス要因が増える…
といったお話はご存知かと思います。


さらに、負の感情度数が強力になり
一個人に留まらず空間全体、
わかりやすく言えば
部屋・家・活動(行動)範囲を包んでしまい、
不幸的なことが連鎖する状況を
生霊環境1GB) 】と考えます。

そして、
生霊 〗や【 生霊環境 】には
厄介なところがあります。


対象者やその環境に対し、
「 意志 」を持って
勝手に動いてしまうのです。


「 意志 」を持って勝手に動くとは?
一般的に
生霊 〗や【 生霊環境 】が
新しい(発生したばかりの)内は、
負の感情を持つ本人(発生源)と
繋がっています。

そのため、
本人が穏やかであれば、
その動向に沿うように
生霊 〗も【 生霊環境 】も
穏やかです。


逆に、本人が
想い = 
という負の感情を
抱えている事柄について乱れると、
生霊 〗も【 生霊環境 】も同様に乱れます。


ですが、
生霊 に比べ
容量も面積も大きい【 生霊環境 】ほど
本人の想い =
上回り増幅して動いたり、
本人の意思や発生源とは関係なく
勝手に動き出したりしてしまうのです。

 

分かりやすくいえば、
別れた恋人に対する
‶ 想いの強さ = ″が

生霊 〗となる

 

発生源である生者本人は、
新しい恋人が出来て昔を忘れ、
現在の自分と〖 生霊 〗の縁が切れる

 

すると〖 生霊 〗は
エゴ(自我) の負の感情に
より育っていき、
勝手に動くようになる

生霊環境 】もそれと同様に、
勝手に動くようになるのです…。

 

なぜなら、
生者本人には
精妙な命(真我・意識)
というものがありますが、
生霊 〗や【 生霊環境 】には
ないからです。

 

負の感情である
‶ 想いの強さ = ″が
積み重なったモノであり、
偽造されたもの = 理知がない ため、
本人と縁が切れた方がより勝手に育ち、
そうして、どんどん暴走してしまうのです。

 

― 本人は無責任にも、それを知らずに… ―

 

ヒマラヤハウスには、
色々なご相談が寄せられます。


生霊環境 】により
ものごと(プロダクト)
スムーズに運ばない、
というケースもよくあります。

(まさか自分も…)
そんな直感が働いた方は、
空間ヒーリングによる
ものごとの好転をめざした環境創り
プロダクトデザイン の活用を
ぜひご検討ください

 

「 想い・重い → 生霊 → そして!? 」でした。

 

 

―インド風水は直感を大切に―

NO IMAGE

✨生活空間に癒しを✨
ラクシュミスタイル® は
ここちよい環境創りをめざします